🇫🇷 tricolored 🇫🇷 - 日常にトリコロールを。ファッション(メンズ,レディース,キッズ)から生活雑貨まで紹介。

日常にトリコロールを。ファッション(メンズ,レディース,キッズ)から生活雑貨まで。

ザ・ビートルズ 公式カレンダー 2024

 

2024年ザ・ビートルズ公式カレンダー日本版。アップルから公式に承認を得た国内唯一の日本版壁掛けカレンダー(B3サイズ)。

初のアメリカ公演や主演映画などで彼らを世界へ知らしめた「1964年」。2024年は60年前の「1964年」を意識し、64年1月のフランス公演のエッフェル塔を訪れた際の写真が表紙となっています。

青と赤はビートルズにとっても意味のある色。中の各月のページも、土日の青赤と通常の白がスタイリッシュなトリコロールとなっていますね。

 

ご購入はこちらから↓

ご購入はこちらから↓

Amazon.co.jp: ザ・ビートルズ 公式カレンダー2024 (限定版): ミュージック

Amazon.co.jp: ザ・ビートルズ 公式カレンダー2024 (限定版): ミュージック

ご購入はこちらから↓

公式カレンダー2024【グッズ】 | ザ・ビートルズ | THE BEATLES STORE

2024年ザ・ビートルズ公式カレンダー日本版!1964年は、初のアメリカ公演や初の主演映画など、ザ・ビートルズがアメリカから世界へ「4人はアイドル」を知らしめた重要な年です。日本も、1964年が「ビートルズ元年」になります。2024年のザ・ビートルズのオフィシャル・カレンダーは、60年前の「1964年」を意識した構成となっています。全体のコンセプトとしては、2023年版のカレンダーと同じく、ザ・ビートルズの1962年から69年までの写真を年度順に1月から12月まで並べ、4人の誕生月(2月・6月・7月・10月)には「1964年」のポートレート写真を使用しました。表紙は、64年1月のフランス公演中にパリのエッフェル塔を訪れた際の写真です。本カレンダーのデザイナー秋田和徳さんにいずれ表紙にと思っていた写真でもありますが、“ザ・ビートルズ的赤青”の縁取りが、写真をさらに引き立てています。ちなみにこの写真、「合成か?」と一瞬思えるかもしれませんが、そうではありません。昨年の2023年版は4人が横一列に並んでいるか、椅子に座っている写真を極力選んだので、2024年版は、演奏場面から選び抜くことにしました。順にめくっていくと、髪(と髭)がどんどん伸びていくのがわかりますが、ポールとリンゴは顔が「安定」してますね。また、12月の次の「写真ページ」では、アメリカ盤『イエスタデイ・アンド・トゥデイ』の発禁ジャケ「ブッチャー・カバー」の代わりに差し替えられた「トランク・カ...柄そういった場面に立ち会うことも珍しくないので思うのですが、通常なら背景を全員同じに揃えるか、あるいは余裕があれば全員変えたいところです。時間のない中でカメラマンがその場でメンバーのキャラクターに合わせたのか、あるいは(ほとんど考えられませんが)メンバーの二人がその背景で写ることを拒否したとか? そんなことを妄想しながら、謎は謎のまま、背景に応じてフレームの色も変えてみました。2024年版カレンダーはこの「寄り」のソロ・カットと「引き」の(主に)演奏シーンによる全体の構成となっています。

ご購入はこちらから↓

THE BEATLES(ザ・ビートルズ)、公式カレンダー2024が発売決定 - TOWER RECORDS ONLINE

THE BEATLES(ザ・ビートルズ)、公式カレンダー2024が発売決定 - タワーレコード